「体スクスク・運動プログラム」

ボブルスは、児童心理学者のルイーゼ・ヘアヴィと協力して、5つの「タンブリングアイコン」を考案しました。

その5つは子どもの運動能力の自然で基本的な発展のための大切な要素を示しています。遊びとハッピーな体はボブルスの「タウンブリングアイコン」の基礎的要素です。動きは楽しく素晴らしく、子どもは通常動きすぎるということもありません。成長するにつれて、体の動きを中心に運動神経も発達してゆきます。

より高度で複雑な動きによって体の発育が促がされ、種々の体験を積んで、スクスクとハッピーに育っていきます。ボブルスはこれを「体スクスク、運動プログラム」と呼んでいます。

ボブルスの”タンブリング・アイコン”にようこそ

ikoner-test5 腹ばいになる

力強い背筋は、子どもの発達の重要な基盤です。赤ちゃんが腹ばいになって頭を持ち上げようとする時だけでなく、大きな子供たちにとっても同じことがいえます。

身体全体の発育を促すと同時に、姿勢を支える背筋力をつける、環境づくりが大切です。

ikoner-test4 転がる・はいはいする

背筋力が強いほど、寝返りも容易になります。赤ちゃんが自分で動けるようになる第一歩は、寝返りを打つことです。寝返りができて好奇心が刺激され、はいはいに進んでいきます。赤ちゃんがどんどん動き回りたくなるように、高さの違いや、光や音などの刺激に満ちた遊びの環境を作ってあげましょう。赤ちゃんが大きくなっても、寝返りや、はいはいの動きは続けていきましょう。そのような動きが子どもたちの身体感覚を育てていくからです。

ikoner-test3 立つ・歩く

さあ、自分で立って見ましょう!赤ちゃんの最初の「立っち」はママやパパのお膝の上。でも自分で立ち上がって、最初の一歩を踏み出すまでには、何度も練習が必要です。歩きを覚えるためには足の筋力とバランス感覚が欠かせません。赤ちゃんが立って膝を曲げたり延ばしたりする屈伸運動そのものが、筋力やバランス感覚の練習なのです。

自分の力で歩けるようになるまで、遊びを通じて何度もこれを繰り返して、成長を応援してあげましょう。

ikoner-test2 ジャンプする

ジャンプすると一瞬空を飛んでいるような感じがします。すべての年齢の子どもたちにも、そして大人にもこの経験は大切な刺激になります。跳びはね方も着地のしかたもさまざまです。回数を重ねれば重ねるほど、自分の体の可能性がわかってきますし、その楽しみも増すのです。

balance-test バランス

バランスは体のすべての動きに影響します。幼い子供のバランス感覚は、体の動きや難易度の変化から刺激を受けます。手放しで歩けるようになると、バランス能力は常に刺激を受けます。バランス能力に自信がつけばつくほど、子どもはより高度な動作に挑戦していくのです。

“タンブリングタイム”で体スクスク

体スクスク、体の楽しい発達について、もっと情報をお求めですか?

ボブルスは運動能力を発達させるためには、遊びと運動が大切であると考えています。それは大変楽しいことでもあるのです。

だからこそボブルスは“タンブリングタイム”と呼ばれるイベントのコンセプトを築き上げました。

ボブルスのスタッフは“タンブリングタイム”で子どもと一緒に遊び、運動能力がどのように刺激され、伸びていくかを学びます。転がって、はいはいして、立ち上がって、歩いて、ジャンプして、バランスを取り、ハッピーな体を作っていきます。“タンブリングタイム”は世界各地のボブルスリテーラーで催されます。ここをクリックして、ボブルスがいつあなたの近くの町へやってくるか見てください。

louise-haervig

ルイーゼ・ヘアヴィは児童理学療法士であり、ゲントフテ市の”Børneterapien”(子ども対象のセラピーの場)に勤務し、障害を抱え、運動促進を必要とする多くの子供たちがもつ問題に接してきました。

同時に彼女は”Børneriet”と呼ばれる会社も設立しました。

X